Artist

2022 後期滞在アーティスト
Oct, 2022 – Feb, 2023 Invited Artist

OTA Yuji
太田 祐司

2011 東京藝術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻 修了

「嘘」をテーマに既存の価値観に揺さぶりをかけるような作品や、リサーチをもとに社会問題を扱いながらもユーモアを交えた作品を制作している。

主な活動歴 個展「ウサギと野ウサギのダンス/世界最新の洞窟壁画」(アズマテイプロジェクト/横浜,2022)、「中之条ビエンナーレ」(2021)「The Artists´ Kalevala, ECHOES FROM THE PAST | TOKYO | BERLIN | KERAVA」(ケラバ美術館/フィンランド,2018)、「voca展」(2013)、「第15回 岡本太郎 現代芸術賞」(2012)、個展「Jackson Pollock 新作展」(AIKOKO GALLERY/東京,2011)

2011 Tokyo University of the Arts, MA

With the theme of “lie”, he creates works that shake existing values, and works that incorporate humor while dealing with social issues based on research.

Solo Exhibition ‘Rabbit and Hare Dance / The Latest of Cave Painting’(Azumatei Project,Yokohama, Japan, 2022),‘Nakanojo Biennale 2021’(Gunma, Japan),‘The Artists´ Kalevala, ECHOES FROM THE PAST | TOKYO | BERLIN | KERAVA’(Kerava Art Museum, Helsinki, Finland, 2018),‘voca 2013’(Ueno Royal Museum, Tokyo), Solo Exhibition ‘The Latest Work by Jackson Pollock’(AIKOKO GALLERY, Tokyo, Japan, 2011)

OKAKU Noriko
尾角 典子


京都府生まれ。
2005年RCA英国王立芸術大学アニメーション科修了
2003年ロンドン芸術大学UALチェルシー・ カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン ファイン アート・メディア卒業

ロンドンと京都を拠点に活動。物質的断片を用いるコラージュの手法で、シュルレアリスム、神話、オカルト的な想像風景を浮かび上がらせる。作品に触れることで生まれる想像力や個人的な記憶を通して、アイデンティティの独自性を認識するのを促し、それにより多面的な視点の可能性を提示する作品作りを心掛けている。アニメーション、オーディオビジュアル・パフォーマンス、インスタレーション、日用品を媒介に、物質と記憶という見えるものと見えないものの境界を流動的に行き来できる人間の特性に焦点をあて、今という瞬間を表現する。

主な個展に「Noriko Okaku」(Earth+ Gallery、東京、2017)、「The Interpreter」(QUAD、ダービー、イギリス、2015)。 主なグループ展に「VOCA展2019(」上野 の森美術館、東京)、「人と科学と現代アート ‒ ステレオタイプを超えてゆけ」(東京工業大学博物 館百年記念館、2019)など。ドイツ、カナダ他海外数多くの映像祭に参加、受賞。

Born in Kyoto, Japan.
2005 Royal College of Art, MA Animation
2003 UAL Chelsea College of Art and Design, BA Fine Art and Media

Live and work in London and Kyoto. Her collage technique that incorporates fragments of material, allowing surreal, mythical and occult imagined landscapes to emerge. Through the imagination and personal memories generated by the experience of the work, the artist intends to create works that recognise the uniqueness of identity and present the possibility of multifaceted perspectives. Using animation, audiovisual performance, installation and everyday objects as mediums, the artist vividly expresses the present moment with hope in the ability of human beings to move fluidly between the boundaries of the visible and the invisible, between material and memory.

Selected solo exhibitions include Noriko Okaku (Earth+ Gallery, Tokyo, 2017) and The Interpreter (QUAD, Derby, UK, 2015). Major group exhibitions include VOCA 2019 (The Ueno Royal Museum, Tokyo) and Human, Science and Contemporary Art – Beyond Stereotype, (TIT Centennial Hall Museum, 2019). She has participated in and won awards at numerous film festivals in Germany, Canada and other countries.

https://mail60aa.myportfolio.com/noriko-okaku

okakunoriko

YAMADA Haruka
山田 悠

2014年 ディジョン国立高等美術学校DNSEPアート課程修了
2012年 ディジョン国立高等美術学校DNAP空間デザイン課程修了

2つの領域での学びを通じて都市空間におけるアートの実践に興味を持つ。変動する都市環境の中で自らの行為をどのように作品として成立させることが出来るかについて関心を持ちながら、都市、自然、人間という要素を相対的に捉え、ものごとの関係を測り直す。主な展覧会に「黄金町バザール 2020 —アーティストとコミュニティ」(2020年、神奈川)、「Nocturne」(2022年、POETIC SCAPE、東京)、「瀬戸内国際芸術祭2022」(2022年、香川)など。また「ゲンビどこでも企画公募」入選(2016年、広島市現代美術館、広島)、「Prix Dauphine pour l’art contemporain」グランプリ(2015年、パリ、フランス)受賞。

2014 Ecole Nationale Supérieure d’Art et Design de Dijon, MA in Fine Art
2012 Ecole Nationale Supérieure d’Art et Design de Dijon, BA in Space Design

Through her studies in the two areas, she came to focus on the Art practice in the real urban spaces. She is interested in how to realize/reflect what she creates in fluctuating urban society to measure relativity with the city, the nature and the human. She has participated in exhibitions include: “Koganecho Bazaar 2020 Artists and Communities” (2020, Kanagawa, Japan), “Nocturne”(2022, POETIC SCAPE, Tokyo, Japan), “Setouchi Triennale 2022” (2022, Kagawa, Japan)
She won “Dokodemo Open Call” (2016, Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Japan) and Grand Prix “Prix Dauphine pour l’art contemporain” (2015, Paris, France).

http://harukayamada.net/

YAMAGUCHI Ryo
山口 諒


1990年長野県生まれ。2020年 東京藝術大学大学院グローバルアートプラクティス専攻 修了 2015年 名古屋芸術大学大学院美術研究科同時代表現研究領域 修了 2012年 名古屋芸術大学美術学部洋画2コース 卒業

映像に映し出される「見えない何かの存在」や「存在しているが不明確な もの」をテーマに、映像作品やインスタレーションを制作している。映像作品はノイズのような物 質性の見た目をもち、最先端の技術ではなくアナログ的手法を使いながら、映像の構造を再構築 しようとしている。

主な展覧会 2022年「押入れ百貨店」(旧廣盛酒造、群馬) 2021年「中之条ビエンナーレ2021」(中之条町、群馬) 2020年「山の向こう側へ / BEYOND THE MOUNTAIN」(穂高学習交流センター「みらい」 ギャラリー、長野) 2020年「Perception Practice / チカク」(遊工房アートスペース、東京) 2018年「共同体のジレンマ – Community and Self – 」(旧門谷小学校、 愛知)

Ryo Yamaguchi Born 1990 in Nagano.
2020 M.F.A. from Global Art Practice at Tokyo University of the Arts 2015 M.A. from Graduate school of Art at Nagoya University of the Arts 2012 B.A. from Contemporary Art Course at Nagoya University of the Arts

Yamaguchi creates video works and installations based on the theme of “the existence of something invisible” and “something that exists but is unclear” projected on video. His video works have the visuals of materiality like a noise, and he is trying to reconstruct the media of video again, using analog methods instead of the most advanced technology.

Main Exhibitions 2022 ”OSHIIRE Department” / Former Hirozakari Brewery, Gunma, JP 2021 “NAKANOJO BIENNALE 2021” / Gunma, JP 2020 “BEYOND THE MOUNTAIN” / Hotaka Community leaning center “mirai” gallery, Nagano, JP 2020 “Perception Practice” / Youkobo Art Space, Tokyo, JP 2018 ”Community and Self” / Old elementary of Kadoya, Aichi, JP 

2022 前期滞在アーティスト
May-Oct, 2022 Invited Artist

AKASAKA Yume
赤坂 有芽

2009 東京藝術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻 修了

「時間・記憶・アニミズム」などをテーマに写真や絵から1枚1枚描き起こした数千枚もの層を時系列で映像にする。映像は投影される場所と記憶の積み重なりとが交錯することで時空を超越するかのような作品を作りだす。
主な活動に、小豆島アーティストインレジデンス in Spring (2010), 瀬戸内国際芸術祭(2016), 六甲ミーツアート(2017), 個展 「△と布置」(ASK-P/東京,2021)など。受賞歴 群馬青年ビエンナーレ2008 2010入選

2009 Tokyo University of the Arts, MA

Yume works on the theme of ‘time, memory and animism’. She creates images of thousands of layers drawn one by one from photographs and paintings in chronological order. She then transcends time and space by intersecting the place where the images are projected with the layers of memory. Solo Exhibition “△ Constellation”(ASK-P ,Tokyo, Japan, 2021 / ROKKO Meets Art 2017 / ART SETOUCHI 2016 / Artist in Residence in SHODOSHIMA island 2010 / Award : GUNMA Young Artists Biennale 2008,2010/

https://yumeakasaka.wixsite.com/yumeakasakaworks/home

ISHIKAWA Hiroki
石川洋樹

2019 ゴールドスミス, ロンドン大MFA 修了

近年では構造上の関係を分解し、暗示的なモチーフや主体と客体を入れ替えるなどのシュールレアリスティックな彫刻作品や映像作品を制作している。2017 – 2020年まで英国ロンドンに滞在、野村財団(2017)、ポーラ美術振興財団在外研修員(2019-2020)
主な活動歴に、「主体と客体」ポーラ美術館アネックス(2021),「Temporary Satisfaction」個展 Fizrovia Gallery(2020),「中之条ビエンナーレ」(2019), Deptford X / Gold X (2018)など。

2019 Goldsmiths University of London MFA

Hiroki Ishikawa has in recent years produced surrealistic sculptures and videos that deconstruct structural relationships, suggestive motifs and the interchange of subject and object. He lived and worked in the UK from 2017 – 2020 supported by Nomura Art Foundation 2017 and Pola Art Foundation 2019-2020. His artworks have been exhibited in numerical shows, ‘Subject and Object’ Pola Museum Annex 2021 / Tokyo, ‘Temporary Satisfaction’ Solo Show Fitzrovia Gallery 2020 / London, ‘Nakanojo Biennale 2019’ / Gunma, ‘Gold X’ Deptford X 2018 / London.

https://www.hirokiishikawa.net/

Photo ©︎Kizen